投資家への道〜①idecoまとめ〜

old

idecoとは?

個人型確定拠出年金のことで、

自分自身で、一定の金額を拠出して、資産運用を行い、資産運用の結果で年金を受取るという仕組みです。

自分年金を運用する制度です。

idecoをややこしくしているのは、idecoを理解するために、社会保険、金融資産運用、税制の3つの知識が必要なことだと思います。

本当に我が国の制度はややこしいものが多いですね。

 

メリット

・拠出額は全額所得控除

・運用益が非課税

 

拠出額は全額所得控除

拠出額は全額所得控除となり、所得税がかかりません。(実際は受け取る際に退職所得や雑所得として、税金がかかることに注意してください。)

 

運用益が非課税

運用益に対して、通常は所得税や住民税のかかる譲渡益が非課税となります。

 

デメリット

・60歳(引き延ばされる可能性あり)まで引き出せない

・口座手数料がかかる

 

60歳(引き延ばされる可能性あり)まで引き出せない

年金ですから、60歳まで引き出すことができません。 

口座手数料がかかる

最安のネット証券でも、

初期費用2,777円と毎月167円の口座手数料がかかります。

手数料 | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

 

idecoをおすすめしない人

上記を踏まえて

・専業主婦

・多額の退職金を受け取る人〜大企業の社員や公務員など〜

専業主婦

専業主婦は、所得税が基本的にはかかりません(所得がない)ので、idecoのメリットである所得控除を受けることができません。

したがって、idecoをするメリットは運用益が非課税という点のみとなります。

idecoは、金融庁から許可を受けた金融商品で、各金融機関で扱える商品の本数が決まっています。

そのため、idecoより、同じ運用益が非課税で金融商品が豊富でいつでも引き出せるNISAや積み立てNISAを先に始めるべきです。

多額の退職金を受け取る人〜大企業の社員や公務員など〜

年金の受け取り方として、退職金として受け取るか年金として受け取るかを選ぶことができるのですが、

 

税金を計算する際の退職所得は、

 

退職所得=(収入金額ー退職所得控除額)✕1/2

 

退職所得控除額は、

 

800万円+70万円✕(勤務年数-20年) (勤務年数20年以上)

40万円✕(勤務年数)         (勤務年数20年未満)

 

で計算され、退職所得分が分離課税されます。

 

職場からの退職金が控除以上に期待できる方は、decoに拠出した所得の税金が1/2になる程度のメリットしかありません。

 

また、年金で受け取る場合は雑所得として、総合課税されます。

 

いってしまえば、idecoは、現在の所得の一部を未来の退職所得または雑所得に変える制度です。

つまり、現在の所得が少なく所得税率が少ない人、退職所得が多い人、年金の多い人はidecoを活用する方が得ではありますが、メリットは少なくなってしまいます。

具体的には、大企業に長く勤める人、公務員などは不利です。

逆に言えば、高収入(所得税率が高い)退職金が少ない人で最もお得な制度です。

職場の退職金+運用額が退職控除の枠に収まるような方が最も有利となります。 

 

上限金額

被保険と国民年金、厚生年金、共済組合、扶養などによって定められており、ややこしいですが、

www.dcnenkin.jp

上記のサイトで、上限金額を教えてくれますので、調べてみて下さい。 

心配であれば、勤務先の経理部や人事部に確認してみるのが、1番かと思います。

というか、企業型年金に加入しているかマッチング拠出を許可しているか等かなりややこしいので、基本的にこの2つを勤務先に確認してください。

とはいえ、厚労省の「就労条件総合調査」によれば、企業年金に加入している企業は、30%ですので、第2号被保険者会社員(サラリーマン)の大抵の方は、23000円/月が控除の目安かと思います。

 

おすすめ金融商品

idecoは、長期投資が基本となりますので、

・世界株式や米国株式へ分散投資する投資信託

・信託手数料が安いこと

・資産が増加していること 

を満たすものを選ぶのが、オススメです。

世界株式や米国株式へ分散投資する投資信託

長期投資では、株式がリスクに対するリターンが良いという研究結果に基づいて、株式への投資、特にインデックス投資がセオリーとなります。

www.yutori-taka.com

その上で、世界分散が基本となります。

www.yutori-taka.com

※長期投資ができない場合はこの限りではありません。

株式と債券を組み合わせたバランスファンドなども選択肢となります。

信託手数料が安いこと

インデックス投資のリターンを決めるのは、コストを如何に下げるのかが重要とされています。

f:id:yutori-i:20190114234655p:plain

出所:世界のエリート投資家は何を考えているのか

   アンソニー・ロビンズ著

 

 複利効果は凄まじく、30年運用すると莫大な差となります。


資産が増加していること

途中でファンドがなくなってしまうと投資が継続できなくなってしまいます。

ファンドが存続していく目安として、資産が増加していることが指標となります。

 

具体的なオススメファンド

・eMAXIS Slimシリーズ(SBI証券・マネックス証券)

・楽天・バンガードシリーズ(楽天証券のみ)

以上を踏まえるとこの2つのファンドの全世界または米国投資ファンドがおすすめです。

eMAXIS Slimシリーズは、業界で最安値を目指し続けると名言しているファンドで、自ら信託報酬を下げることはしませんが、他社が値下げした際には、きっちり追従していきます。

 

楽天・バンガードシリーズは、バンガードのETFを買い付けるというシンプルな投資信託となります。

やはり、ベンチマークを直接買い付けるということで、安心感があります。

ただ、ファンドが一つ介する分信託報酬は、若干割高となっている点が問題点でしょうか。

実質コストも若干高めという報告があります。


おすすめ証券会社

証券会社を選ぶ上で重要なのは、

・手数料が安い

・金融商品

・年金の受け取り方

手数料が安いこと

ネット証券をオススメいたします。

地銀などは、法外な手数料を取られ、逆に損するので、オススメ致しません。

金融商品

・eMAXIS Slimシリーズ(SBI証券・マネックス証券)

・楽天・バンガードシリーズ(楽天証券のみ)

がある金融機関がオススメとなります。

年金の受け取り方

基本的には、idecoの出口戦略として、退職所得控除額と相談して、退職金としてある程度の額を受け取り、残りを年金として受け取るのが多くの人にとってお得な受け取り方となります。

ところが、金融機関の中には、退職金、年金片方の受け取りしか選択できない場合がある。

自分もオススメのSBI証券は受け取り方を退職金、年金として受け取るかのどちらかしか選択することができないので注意です。

具体的な金融機関

楽天証券、SBI証券の2つでしょうか。

  楽天証券 SBI証券  
金融商品 楽天バンガードシリーズ eMAXIS Slimシリーズ
受け取り方 組み合わせ可 どちらか片方

とそれぞれ特徴があります。

 

次点で、マネックス証券でしょうか。

マネックス証券は、eMAXIS Slimシリーズを運用することができ、受け取り方を選べるとオススメです。

また、信託報酬が少ないファンドを扱っており、まだ金融商品の枠を使い切っていませんので、新しく良い商品が出てきた時に、採用することができます。

 

確定申告または年末調整は必須

最後に所得税控除・地方税減額処置を受けるためには、確定申告または年末調整を行う必要があります。

これを忘れてしまうと、逆に余分に税金を払うだけになってしまうので、注意してください。

 

まとめ

idecoは給料所得を退職所得と雑所得に変える制度。

idecoをややこしくしているのは、idecoを理解するために、社会保険、金融資産運用、税制の3つの知識が必要なこと。

基本的には、idecoを利用すると有利になるが、それほど有利にならないこともある。

運用は基本的には、全世界(または米国)への分散投資ができるインデックスファンド。

金融機関は、手数料が安いネット証券(楽天証券・SBI証券)がオススメ。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

  

 

人生100年時代の年金戦略

人生100年時代の年金戦略

 

年金を理解するためには、この本がオススメです。

FP1級の方が書いています。

最近FPの勉強を始めたのですが、

FPは、社会保険、金融資産運用、税金とidecoに必要な3つの知識を網羅する資格ですので、idecoの使い方について、もっとも精通していると言って良いでしょう。

一読しましたが、つまづきやすい点や、具体例が織り込まれわかりやすかったです。