自動車保険の選び方〜保険の本質から最適なプランを考える〜

 hokenn

はじめに

保険は、相互扶助の考えに基づき、自分が負担できない金額を大勢で負担することが本来の考え方です。

たとえば、日本は社会保険制度は充実しており、医療費が高額になる場合でも、高額医療費制度があり、自己負担金はそれほど高額ではありません。

にも関わらず、医療保険に加入する方が多いです。

これは本来の機能とはかけ離れているといえます。

 

自動車保険には、強制加入の自賠責保険と、任意加入の民間保険があります。

ですので、自賠責保険を基本として、足りない保険を民間保険で補う形となります。

まず、自賠責保険の補償内容から確認していきましょう。

自賠責保険の補償内容

自賠責保険は、死亡事故や、障害事故といった対人賠償事故のみの補償を行います。

また、保険金に以下のような限度額があります。

死亡事故:最高3,000万(後遺障害:4,000万)

障害事故:最高120万

 一方、死亡事故では、未来のある若年者、高所得者を死亡させてしまった場合等には、単位の賠償金が必要になることも少なくありません。

また、電車等への接触等の対物事故を起こしてしまった場合も同様に高額の賠償金が必要です。

対物事故に関しては、自賠責保険では補えません。

保険でヘッジする必要がありそうです。

任意保険の補償内容

概ねどの民間保険であっても内容は

・対人賠償保険

・対物賠償保険

・搭乗者傷害保険

・自損事故保険

・人身傷害補償保険

・無保険車傷害保険

・車両保険

 の7点かと思います。順番に見ていきましょう。 

対人賠償保険

自賠責保険で補えなかった補償を補う部分です。

億単位の賠償金が必要になることを考えると、無制限にしておいたほうが良さそうです。

対物賠償保険

他人の財物に損害を与えた場合に支払われる保険です。

こちらも億単位の賠償金が必要になる場合がありますので、無制限にしておいた方がよさそうです。

搭乗者傷害保険

保険にかけていた自動車に乗っていた人が、死傷した場合等に払われる部分です。

日本の社会保険は充実しているので、基本的には不要と考えます。

これを付けるのであれば、生命保険に入った方が広くリスクヘッジになると思います。

自損事故保険

自分の財物に損害を与えた場合に支払われる保険です。

保険をかけるような高額な品物がある人はほとんどいないでしょう。

これも基本的に不要と考えます。

人身傷害補償保険

実際には、相手の過失が主であっても、100%相手の過失となるケースは少なく、その場合は、自己負担金が発生します。

また、示談が成立するまでの間には時間がかかります。

その場合に、実際の損失額を示談が成立する前に、支払われる保険となります。

高額になる場合があるので、基本的に加入しておいた方が良さそうです。

実際は、ほとんどの任意保険で3000万(1名につき)が付帯されています。

無保険車傷害保険

自賠責には、強制加入なのですが、中には入っていない方もいます。

また、当て逃げで相手が分からない場合には、保険金を請求することができません。

その際に、支払われる保険となります。

基本的には、加入しておいた方が良さそうです。

実際は、ほとんどの任意保険で最初から付帯されています。

車両保険

自分の車の修理費に対する保険です。

加入するかしないかで最も値段差がつくところだと思います。

初心に戻って考えてみましょう。

保険をかける意味のある、車の修理費が高額となるのは、

・高級車に乗っている場合

・新車に乗っている場合

・ローン返済中

 等の場合でしょうか。

これらの場合は、修理費が高額になるので、車両保険をつけた方が良さそうです。

結局どうすればよいの?

対人賠償保険:無制限
対物賠償保険:無制限
人身傷害保険:3000万円
車両保険:上記に当てはまる方

それ以外は基本的に不要

 というのが、自分の結論です。

ネット型か通販型か

ネット型と、通販型で、対応に違いはないと思われます。

ネット型でも対応が悪いところ、良いところがあり、通販型だから良いというものでもありません。

実際の、事故対応ランキングでも、代理店型、ダイレクト型ともにバラバラにランクインしています。

でしたら、安いネット型をオススメします。

事故対応ランキング

事故対応は、各保険会社でかなり異なります。

そこで、参考になるのが、事故対応ランキングです。

ただ、巷には様々なランキングがあります。

基本的には、N数が多い方がランキングとして信用できると思います。

「FP39人に聞いた。」などは参考になりませんね。

オリコンや価格.comなどのサイトが参考になりそうです。

実際のオリコン、価格ドットコムのランキングを見てみましょう。

 

オリコン

1.ソニー損害保険

2.東京海上日動火災保険

3.損保ジャパン日本興亜

4.共栄火災海上保険

5.AIG損害保険

6.日新火災海上保険

7.チューリッヒ保険

8.三井住友海上火災保険

9.イーデザイン損害保険

10.アクサ損害保険(アクサダイレクト)

 

2019年 自動車保険 事故対応のランキング・比較より引用

https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/evaluation-item/response.html

価格.com

AIG損害保険

三井住友海上火災保険

そんぽ24損害保険

日新火災海上保険

東京海上日動火災保険

あいおいニッセイ同和損害保険

損保ジャパン日本興亜

チューリッヒ保険会社

ソニー損害保険

イーデザイン損害保険

 

事故対応のクチコミ・満足度ランキング(2019年)より引用

https://hoken.kakaku.com/kuruma_hoken/ranking/3.html 

が代理店型、がダイレクト型です。

総合すると、ソニー損害保険、チューリッヒ保険会社、イーデザイン損害保険

らへんが良さそうですね。 

一括見積もりサイトの活用

https://www.bang.co.jp/

上記サイトで、一括見積もりを取ることができます。

上記3つの保険会社に見積もりも入手することができます。

 

実際に見積もりしました。

ソニー損害保険68700円

チューリッヒ保険会社59360円

イーデザイン損害保険51400円

 

でした。

 

自分はイーデザインにしようと考えています。

イーデザインの弱点はロードサービスが弱いことなのですが、自分はロードサービスは不要ですので、ちょうど良いかなと思いました。

まとめ

保険は、支払いが高額になる場合に備えて加入するもの。

その点を考えると、

対人賠償保険:無制限
対物賠償保険:無制限
人身傷害保険:3000万円
車両保険:場合による

それ以外は基本的に不要

くらいの内容がよさそう。

保険は、料金と、事故対応を重視して選ぶ。

一括見積もりサイトを利用して、効率良く保険会社を選ぶ。

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村