JAL国内線ファーストクラス体験記〜ANAプレミアムクラスとの比較〜

ANA

3連休を利用して、旅行に行ってきました。

JAL国内線ファーストクラスを利用したため、ANAプレミアムクラスと比較していきます。

結果からいってしまうと、JALファーストクラスの圧倒的勝利です。

エントランスの様子

entrance

JALの上級会員向けのエントランスは、黒にゴールドと非常にシックで高級感あふれるエントランスでした。

ここはJALANAで大きな違いはありませんね。

快適に受付を済ませることができました。

ラウンジの様子

matsu

ダイヤモンドプレミアラウンジには松が。高級感があります。

ANAプレミアムクラスが、格上のスウィートラウンジを利用できないのに比べ、JALファーストクラスは、サクララウンジよりも格上のダイヤモンドプレミアラウンジを利用できます。圧倒的にJALファーストクラスの勝ちですね。

流石に格上のラウンジだけあって、ホルダーが少ない影響か混雑した様子もなく快適に過ごすことができました。

サクララウンジとの違いは、ダイヤモンドプレミアラウンジには松があることと、椅子が広々としていること、パンとおにぎり、味噌汁などの軽食が用意されていることでしょうか。あと、マッサージチェアもありました。

ビールの銘柄もダイヤモンドプレミアラウンジには、エビス、プレモルもおいてありました。 

機内サービスの様子

機内食

JALではなんと、食器にもられて運ばれてきました。※ANAでは弁当

JALの方がオイシイかな〜1回だけだと判断し辛いです。

軽食として、ラーメンとうどんをもらうことができますが、市販のものと同じなので、頼みませんでした。

ANAには、雑炊、そしてなによりポタージュスープという小生の好きなdeliciousな軽食がありますので、軽食部門ではANAの勝利でしょうか。

ドリンク

JALの圧倒的勝利。

JALでは伝説の焼酎「森伊蔵」飲み放題でした。

他にもシャンパンが提供されておりました。

ANAでは、日本酒、ワインの提供のみですので、ここは大きな差と考えます。

ただ、問題点はJALはひたすら注がれることです。キャバクラかと思いました。

到着時にはシャンパンと森伊蔵で出来上がってしまいました。

※1フライトでボトル使い切りのようです。大量に余らしてしまい申し訳ありませんでした。

座席

JALの方が広々していますね。

座り心地もやわらかく、ソファのようで最高でした。

モバイルバッテリー、ノイズキャンセリングヘッドホンなどの備品も備え付けておられ気遣いも感じられ大満足です。

CA

JAL、ANAともに名前で呼んでくれます。

お客様よりも名前の方が嬉しいのは、小生だけでしょうか。

サービスは甲乙つけ難かったです。個人によっても変わりますしね。

JALの方が年配の方が多いのかな〜という印象は受けました。

時期の問題かもしれません。 

サービス内容では、JALが圧勝。ANAのメリットは?

JALでは、ファーストクラスの設定があるのが、羽田-新千歳・伊丹・福岡・那覇の4路線のみしかありません。

対して、ANAは多くの路線で、プレミアムクラスの設定があります。

選べる便もANAの方が多く、ANAの方が使いやすいです。

料金はJAL+9000円程度、ANA+8000円程度(時間帯で大いに変動あり)であまり大きな違いはないと思います。

まとめ

JALファースト→サービスの良さ

ANAプレミアムクラス→使いやすさ

 

JGCとSFCのダブルライセンス取得について考えJALファーストを体験してみたのですが、小生としてはどちらか片方で良いかなというのが感想です。

結局ライセンスをとったところで、エコノミーに乗る機会が多いということ、

ANAの搭乗後に流れる音楽、ラウンジに入るときの匂いがないと安心しないということに気づきました。

やっぱりSFCですね。

www.yutori-taka.com

 

今日も読んでいただきありがとうございました。 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村