【KO】コカ・コーラ決算と始めての購入

woman kola

2019.2.14に、コカ・コーラの決算が発表されました。 

内容

売上高70億6000万ドル(予想70億3000万ドル)

純利益8億7000万ドル

EPS 0.43ドル(予想0.43ドル)

・2019年通期EPSガイダンス 2.08(±1%)ドル(予想2.23ドル) 

EPS見通しが予想に達していないことから、株価は、45.59ドル(2019/2/15終値)-8.44%(前日比)まで、低下しました。

ボトリング事業の再フランチャイズ化が進んで、利益が伸びると思いきや現状維持でしたね。

やはり、北米での炭酸飲料の市場縮小が厳しそうですね。

ダイエット・コーラやゼロシュガーは伸びているようですが。

新興国でいかに頑張れるかですね。

予想見通しガイダンスEPS下落分が-7.8%ですので、やや下落しすぎな印象は受けます。

とはいえ、まだ実績PERは20前後でそこまでの割安感はありません。

チャート

https://www.tradingview.com/x/m3nMsoYk/

上記は、KOの1年トレンドチャートです。

200日平行移動線を一瞬で割ってしまいました。 

次に意識されるのは、直近安値の44.5でしょうか。

そのまま42付近まで下降してしまうかもしれません。

この1年間近く割高なまま投資できなかったので、やっときた買い増しのチャンスではあると思います。

KOお買い上げ

小生、始めてKOを購入してみました。

KOに投資を決意した理由としては、

有名なディフェンシブ銘柄であり、連続増配50年以上、バフェット銘柄ということで、狙ってはいたのですが、

 

・営業キャッシュフローが上昇している

・今回の見通しは慎重なガイダンスなのでは?

 

ということです。

営業キャッシュフローが上昇している

本業の稼ぎである営業キャッシュフローは、ここ5年ほど低下傾向でした。

eigyou 

2018年でやっと上昇に転じています。

ボトリング再編は上手く行っているのでは?と考えます。

今回の見通しは慎重なガイダンスなのでは?

コカ・コーラの決算書を見てみると、為替や税金等が頻回に登場し、かなり気にして慎重なガイダンスなのかなぁという印象を受けました。

この決算で、投資家の期待は下がり、PERは低くなると思いますが、上記の通り本業では稼いでおり、売上増はあまり期待できずとも、EPSはほとんど変化なし〜微増となっていくのではと自分は思っています。

 

ただ、問題はゼロカロリーの味が不味いことでしょうか。

ダイエットコーラやゼロの売上は増加していますが、そこまで増加していない原因は消費者目線だと不味いということだと思うんですよね。

やっぱり砂糖は中毒性がありますし、砂糖使わないとまずくなってしまうのはしょうが無い事なのでしょうか。

頑張ってオイシイコーラを作ってほしいです。

 

まだ下がる余地はありそうなので、42ドル付近まで下がればもう少し買い増したいです。