ホワイトデーのお返しについて考える

macaroon


遂にこの時期がやってきてしまいました。

いつも迷うホワイトデーのお返しについて考えていきたいと思います。

職場

職場で大量に配る場合。

特に男女バランスが崩壊していると、男は大量に配らなければならないため、非常に困ります。

幸い小生の職場はバレンタインデーのチョコの配布が禁止となったため、頭を悩まされることはなくなりました。

とはいえ、異動になることもあると思うので、選ぶポイントをまとめておこうと思います。

選ぶポイント

・ある程度数を稼げるもの

・梱包されているもの

・消費財(スイーツが無難)

 

クッキー、チョコレートあたりが良いと思っています。

何を渡すかはあまり重要ではありません。

重要なのは誰にわたすか。

お局さんに「つまらない物ですが、皆さんで食べてください。」と渡しましょう。

友達

義理チョコを貰うような女友達。

特にこまるのは、そんな仲良くないけど、流れで貰ってしまった場合です。

このパターンが一番小生を悩ませます。

恐らく、女子としては、運用益を期待しているのでしょう。

だけど、高価すぎるものを渡されても困らせてしまうことになるのではないでしょうか。

小生のオススメは、梱包されているお菓子で、ちょっと高価なものです。

例えば、シュミ・ドゥ・ショコラのラスクとか。

果実工房-Chemi du Chocolat(シュミドゥショコラシリーズ)

本命

女の子が欲しいものを考える必要があります。

選ぶポイント

・女の子がほしいもの

・消耗品

女の子が欲しいものは、難しいポイントですが、はずさないのは、美容関連と考えます。

美容関連かつ消耗品というところで考えると

ハンドクリーム、リップ、入浴剤 あたりでしょうか。

迷ったら、イソップ、ロクシタンあたりのハンドクリームがオススメです。

ハンドクリームとか保湿できれば全部いっしょといってしまえばそれまでなのですが、自分ではちょっと買うのに躊躇する価格帯というのは、贈り物にはピッタリです。

他には

一番は、あまり気にしない本命を見つけることです。

ちなみに小生は、一緒にスイーツを食べに行きます。

でも、プラスα何か期待しているのしょうか。

まとめ

投資家の皆さんの中には、もらったもの以上のものなどあげたくはないというバリュー思考の方もいるかも知れません。

とはいえ、人間には、返報性の原理というものがあります。

難しいことを考えずに、お返ししてみてはいかがでしょうか。

きっと良いことがありますよ。